デスクの調達方法の種類と仕組み

オフィス

オフィスデスクを調達するときには大抵の会社では代理店を通して納品してもらう方法を取ってきました。ただ、これから新規事業を始めるときや、代理店とのつながりができていないときなどには調達方法を考えなければなりません。また、場合によっては購入しないという選択肢もあるのでどんな方法があるのかを一通り確認しておきましょう。オフィスデスクはサイズ的に大きいので配送してもらうのが合理的で、代理店に依頼する他にもメーカーから直販してもらう、通販を利用するといった方法があります。電話やウェブサイトを使って発注するだけでオフィスに納品してもらうことができ、オフィス什器を広く取り扱っている業者なら設置作業まで依頼可能です。安いものを調達したい場合にはリサイクルショップなどで中古品を買うこともできます。一方、買わずに一時的に利用したい場合にはオフィス什器のレンタルサービスが有用です。やはり電話やウェブサイトなどから申し込むだけで納品してもらうことができ、期日が来たら引き取りにも来てもらえます。レンタルの場合にも新品のレンタル、中古のレンタルから選べるため、予算や現場の都合との兼ね合いを考えて決めると良いでしょう。

通販とレンタルのメリット

休憩室

どの調達方法がオフィスデスクを用意するときに注目されているかはケースバイケースですが、どの場合にも相応の理由があります。特に新しくオフィスを用意するときやオフィスを移転するときによく選ばれているのが通販とレンタルなので、そのメリットの違いを知っておきましょう。通販は豊富なラインナップから最適なものを選べるのがメリットです。一商社のカタログや一メーカーのラインナップから選ぶよりも候補が多くなり、新しいオフィスに適したものが手に入りやすくなります。商品選びも発注も時間を問わずにできるのでオフィス作りの忙しい最中でも問題なく利用できるでしょう。一方、レンタルは初期費用を抑えられることに加え、ステージに応じて柔軟にオフィスデスクの入れ替えもできるのが最も大きなメリットです。オフィススペースを有効活用するには事業規模や従業員数に応じたオフィスデスクを選ぶのが理想的です。これから事業が大きくなっていき、従業員も増やしていく想定なら必要に応じてデスクを入れ替えられたほうが良いでしょう。レンタルなら期間が終了したら他のものに切り替えやすいので柔軟に対応できます。

広告募集中